関節 スムーズ

関節の痛みやふしぶしのこわばりは本当になくなるの?

32歳の時に右手薬指の第一関節か曲がり始め、整形外科で診てもたったら「50歳過ぎてから症状が出るのが普通だから、20年早いね。」と医師から言われ、がっくり落ち込んじゃいました。

 

約15年で左右両手指10本全部の第一関節が、見事に曲がりました。俗にいう変形性指関節症です。症状が進行しているときは、針で神経を刺すような痛みを伴うので、子供が小さい頃は指を握られるのが辛くて、道を歩いているときに、ギュッと指を握る息子の手を思わず振り払ったことも何度もあります。
ひどいお母さんですよね(^_^;)。

 

関節が変形してくると関節が太くなってしまうんです。本がたくさん詰まった書棚から本を出すのはホント苦手になりました。狭い隙間に物が落ちたりしたらもう大変です。曲がって腫れている関節のせいで指が入らない、なんてことはしょっちゅうですね。

 

今は薬指の第二関節も曲がり始め、50肩?や股関節の動きも悪くなってきて、朝の着替えは肩が痛くてもう大変!!痛いのは我慢できませんよね。関節痛から解放されるために、思い切ってまた整形外科を訪ねてみたんです。

 

今度は先生曰く「両肩関節に石灰が沈着してます、石灰沈着性腱板炎ですね、ちょっと重症かなぁ。多分もっと前からできてたんじゃないかな。時間がたつと治りが悪いんだよね、多分完治は無理だと思うよ。」 がぁーん!!
自分でストレッチをして、それでも痛みが取れないときは関節に直接注射を打つことになるみたいです。いくつになっても注射は嫌ですよね(^_^;)。

 

注射を打つかどうしようかと迷っているときに仕事関係の知人から教えられたのが、キャッツクロウというハーブからできているキャッツクロウスカットというサプリです。

 

 

40代でリウマチになってもうすごくショックでね。でも薬と合わせて、キャッツクロウスカットを飲むようになったら、楽に関節が動くようになったの。薬で症状は安定してるし、痛みもほとんどないしね。だから毎日自分のしたいことができて楽しいわ。出会えて幸せ!!


 

キャッツクロウとは

初めて聞く名前。キャッツというくらいなので、【猫】に関係してるのかなと思って調べてみました。

 

キャッツクロウとはアカネ科カギカズラ属の植物
南米ペルーのアマゾン川の流域の奥地に自生している、葉の付け根に太い猫の爪(キャッツクロウ)のようなとげが生えた植物で、ふしぶしのこわばり、関節痛に昔から珍重されている天然ハーブです。

 

最近では研究が進み、6種類のアルカロイド(イソテロポディン、テロポディン、イソミトラフィリン、ミトラフィリン、イソリンコフィリン、リンコフィリン)はじめ、グリコシド、カテキン、テルペンなど、ほかの植物にはあまり見られない関節痛の緩和や、痛みを鎮めるのに役立つ成分でできています。

 

1994年WHO『世界保健機構』で副作用のないハーブとして承認されてるみたいです。

 

ふしぶしの悩みに良いとされる”グルコサミン”や”コンドロイチン”と大きく異なるのは。”グルコサミン”や”コンドロイチン”は関節がスムーズに動くための軟骨成分を『』役割に対して、キャッツクロウは免疫バランスを整えて『和らげる』役割を担う。

 

 

難しいことはよくわからないのですが、”グルコサミン”や”コンドロイチン”は軟骨を増やす?イメージで、”キャッツクロウ”は痛いところや動きの悪いところに直接はたらきかけて、内から痛みやこわばりを楽にしてくれる、ということかなと。。。。

 

キャッツクロウスカット
キャッツクロウスカットはこのキャッツクロウに加え3種類の天然ハーブもふくまれています。
こんな方が一度利用してみるといいかなと思います。

 

  • 階段の上り下りが大変と感じる
  • ものを握るのがつらいと感じる
  • 朝起きてスムーズに動きたい
  • 免疫バランスを整えたい

 

一つでもあてはまった方に、キャッツクロウスカットはおすすめだと思います。私は2つもありました(>_<)。

 

公式サイトはこちらです。
ツラいふしぶしのお悩みに。【キャッツクロウスカット】

 

 

初回はお試し価格でお値打ちになっているみたいです。

 

知人は最初お値打ち価格で購入できる分(最大2か月分)から始め、現在も継続して使っているそうです。

 

「リウマチと聞くと治らない、関節が変形して動かなくなる、激しい痛みがある、10年後の自分はいったいどうなっているのか、ちゃんと歩けているのか、悪いことばかりが浮かんできて毎日憂鬱で笑うこともほとんどなかった。」

 

痛い・動きが悪い、というのはケガをしたことがある人なら誰でも経験があると思います。でもケガは時間が解決してくれますよね。病気はそんなわけにはいかないですから。

 

「痛み止めのお薬ではないので、すぐに結果が出るものではなく長く使い続けることが大事であり、そうすることでふしぶしの違和感や、こわばりから解放される。サプリとしてはお高めだけど、値段には代えられない大きな価値があるから。」

 

毎日の生活を円滑に過ごすためにも、栄養補助食品を上手に活用して痛みや、動きの不自由さから解放されて、快適な日常生活を送りたいですね。

 

 

毎日活歩
『和らげる』ではなく『補う』ことを目的としたいなら、キャッツクロウ濃縮エキス末が配合されている「毎日活歩」がおすすめです。

 

公式サイトはこちらです。
ツラいふしぶしに。元気に歩く!初回限定1,890円(税込)【毎日活歩】



会  社  名

商       品      名

ORIHIRO 高純度グルコサミン コンドロイチン 低分子ヒアルロン酸
ORIHIRO 植物性トウモロコシ由来 グルコサミン&コンドロイチン
ファイン コンドロイチン&グルコサミン 
明治製薬 コンドロイチン&グルコサミン
maruman グルコサミン&コンドロイチンEX
Asahi 筋骨グルコサミン  グルコサミン コンドロイチン
Asahi Dear Naturaグルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸
FANCL グルコサミン&コンドロイチン
ゼリア新薬 コンドロサポート コンドロイチン配合

 

近くのドラッグストアで販売されているコンドロイチン配合のサプリを調べてみたらこんなにありました。

 

グルコサミンやヒアルロン酸は配合されていますが、キャッツクロウが含まれているサプリは一つもありませんでした。
コンドロイチンもサメ由来みたいです。

 

この「毎日活歩」は一般的に知られているサメのコンドロイチンではなくて、鮭の鼻軟骨に少しだけ含まれでいるコンドロイチンを使っています。

 

鮭のコンドロイチンなんて初めて知りましたが、なんでも鮭のコンドロイチンは人と同じ型をしているので、人にはとても相性がいいみたいです。

 

あと国内産のエビやカ二からとれた「国産グルコサミン」、「珊瑚カルシウム」、「生姜エキス末」の成分が含まれています。

 

「毎日活歩」でふしぶしを補い、いつまでも若々しく、元気で歩くことができるようになれればうれしいですね。